陳情の先を行く部屋

基本的に二次創作を公開しているブログです。楽しく読んでいただければ幸いです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソードアート・オンライン ~断頭の剣鬼~ 目次

ソードアート・オンライン ~断頭の剣鬼~
≪ソードアート・オンライン≫
 ソードアート・オンラインとDies Iraeのクロスになります。基本的にソードアート・オンラインはSAO、ALO、GGO編はWEB版をメインに、アリシゼーション編を文庫版とオリジナル要素多めにしています。Dies Iraeに関しましてはAmantes Amentes版を基本的な参考にしていますが、PC版であるActa Est Fabula版も参考にしているため、きまぐれですが18禁描写が入る可能性もなくはないです。

 基本的にソードアート・オンラインの世界観にDies Iraeの世界観を混ぜる様に作った作品で、原作の設定を練りこむようにしていますが、設定に関してはどうしてもオリジナル色が強くなる部分があります。そういう部分を含めて楽しんで読んでいただけると幸いです。感想は何時でもお待ちしております。誤字もあれば、非公開コメなので知らせていただけるとなるべく早く修正します。

≪ソードアート・オンライン編≫
プロローグ ―――ハロー・ワールド
プロローグ ―――スターティング・ディザスター
はじまりの日 ―――マイ・ウェイ
はじまりの日 ―――ハンティング・フォー・トレジャー
はじまりの日 ―――ファースト・ショウ・オブ・デス


刀巡り ―――モーニング・フレンジー
刀巡り ―――ショッピング・ストリート
刀巡り ―――ファースト・レイド
刀巡り ―――セカンド・レイド
刀巡り ―――ディフィート・ザ・エネミー
刀巡り ―――オン・ジ・エッジ
刀巡り ―――パーティー・タイム


柊 ―――ミート・イン・ドリーム
柊 ―――ビフォー・ザ・レイド
柊 ―――オープン・セサミ
柊 ―――フォー・マイ・ラブ
柊 ―――ベルセルク・バース


黄金 ―――ホープレス
黄金 ―――ニグレド
黄金 ―――ノー・フューチャー
黄金 ―――チャペル
黄金 ―――トゥルー・フィアー
黄金 ―――メフィストフェレス
黄金 ―――スティグマ


赤鼻のトナカイ ―――ロンリー・イン・ザ・スノウ
赤鼻のトナカイ ―――アイ・アム・ザ・バッドガイ
赤鼻のトナカイ ―――ロング・ナイト
赤鼻のトナカイ ―――フレンドシップ
赤鼻のトナカイ ―――クライ・イン・ハート


笑う棺 ―――コール・フロム・ザ・グレイブ
笑う棺 ―――プレパレーション
笑う棺 ―――クリミナル・パーティー
笑う棺 ―――ダンスマカブル
笑う棺 ―――トゥー・ソード
笑う棺 ―――ハンズ・トゥー・ハンズ
笑う棺 ―――ギョティーヌ
笑う棺 ―――アフター・ザ・パーティー


二刀流 ―――ウォット・アイ・キャン・ドゥー
二刀流 ―――デイ・アンド・ライフ
二刀流 ―――ゴーイング・フォーワード
二刀流 ―――デーモン・バスター
二刀流 ―――ビッグ・イベント
二刀流 ―――ザ・ストロンゲスト・マン


祝福 ―――プロージット
祝福 ―――マイ・リアリティ


楽園 ―――デスティナイド
楽園 ―――プロッティング
楽園 ―――アンサリング
楽園 ―――ノー・モア・ライズ
楽園 ―――ソードアート・オンライン



≪アルヴヘイム・オンライン編≫
 デスゲームと化したソードアート・オンラインは茅場晶彦の敗北によって幕を閉じた。よって舞台は現実、そして次の世界へと移る―――。
プロローグ ―――ウェルカム・リアリティ
プロローグ ―――ストーリー・モーメンタム
プロローグ ―――イン・ナイトメア


新世界 ―――ビギン・アドベンチャー
新世界 ―――レッツ・スタート・ザ・ムーヴメント


試練 ―――ジーク・ハイル
試練 ―――ジャーニー
試練 ―――フィアー・ユア・フレンド
試練 ―――クリーク
試練 ―――ノウ・アバウト・マイセルフ
試練 ―――バッド・コミュニケーション
試練 ―――イマジネーション
試練 ―――キング・オブ・ジ・ナイト
試練 ―――ナスティー・クリーチャー
試練 ―――クーリング・ダウン


殉教 ―――ロング・ナイト・アウェイク
殉教 ―――リ・スタート
殉教 ―――コラプス
殉教 ―――アイデンティティー
殉教 ―――エインヘリアル・ルベド
殉教 ―――アポトーシス
殉教 ―――ニグレド
殉教 ―――アルベド
殉教 ―――ニア・ジ・エンド
殉教 ―――クエシチョニング
殉教 ―――フェイク・ドリーム
殉教 ―――ウィー・ディサイド


覚悟 ―――クライ・ハイ
覚悟 ―――キャンサー
覚悟 ―――フレンド・シップ


妖精郷 ―――バッド・ポイズン
妖精郷 ―――フェアリテイル
妖精郷 ―――リターン・オブ・ザ・キング
妖精郷 ―――リバーツ
妖精郷 ―――ラスト・スタンド
妖精郷 ―――フューチャー・ウェイティング・フォー・アス


未来 ―――ハピリー・エヴァー・アフター



≪ガンゲイル・オンライン編≫
アルヴヘイムは新たな運営を得た事によって存続が決定し、そのシステム面もある程度の変化を迎えた。今までの長所は伸ばし、それでいて隣人を疑うようなシステムをある程度緩和されたアルヴヘイムはもっと遊びやすいゲームとなった。ALO事件から十ヶ月―――SAOの悪夢の残滓が動き出す。
プロローグ ―――オータム・メモリーズ
プロローグ ―――スメル・オブ・ザ・パスト
プロローグ ―――ビフォー・ザ・ビギニング


銃と弾丸 ―――ガンスリンガー・ガール
銃と弾丸 ―――プリパレーション
銃と弾丸 ―――マーチング・ビギン
銃と弾丸 ―――ガン・パレード


悪夢 ―――リターニング・デビルズ
悪夢 ―――マーシレス
悪夢 ―――リアリティ
悪夢 ―――アイ・ドント・ウォント・トゥ・ルーズ
悪夢 ―――ア・ショート・レスト


祭り騒ぎ ―――フェアリーズ・ビハインド・ザ・スクリーン


犯罪者の宴 ―――ガン・ローデッド
犯罪者の宴 ―――キリング・フィールド
犯罪者の宴 ―――デス・バイ・フィーリング
犯罪者の宴 ―――エスケイピング
犯罪者の宴 ―――ブラック・アンド・ワイト
犯罪者の宴 ―――パスト・クライム
犯罪者の宴 ―――トランスペアレント


悪魔に涙はない ―――ビギン・ジ・エンド
悪魔に涙はない ―――ワット・イズ・ジス
悪魔に涙はない ―――ダンスマカブル
悪魔に涙はない ―――ストレングス
悪魔に涙はない ―――カメラード
悪魔に涙はない ―――マリオネッタ
悪魔に涙はない ―――アイ・ウィル・ファイト
悪魔に涙はない ―――ジュデッカ


硝煙は雨に消えて ―――ネクスト・デイ
硝煙は雨に消えて ―――トーキング・スウィート
硝煙は雨に消えて ―――レッツ・オール・セイ・グッドバイ



≪バーサス編≫
GGO事件を乗り越え、平和な日々を獲得した桐ヶ谷和人はクリスマスに向けて気合を入れてアルバイトをしている。そんな和人は今日も六本木へ、ラースへバイトをしに行くのだが……。
時空を超えて ―――ビギニング・オブ・ザ・ストーリー
時空を超えて ―――ワールド・エンド
時空を超えて ―――ブラック・アンド・ブラック
時空を超えて ―――ショート・ストップ



≪マザーズ・ロザリオ編≫
 紺野木綿季とはHIV感染者である。彼女に未来などありはしない。だがたった一度の軌跡が彼女の周囲を救い、そしてたった一度の軌跡が彼女の生に再び輝く機会を与える。しかしその輝きは同時に風前の灯火でもあり―――。
プロローグ ―――フォー・ザ・ミラクル
プロローグ ―――ボーン・イン・ザ・ワールド
プロローグ ―――ハピネス・オヴ・ライフ
プロローグ ―――スターティング・ザ・アドベンチャー


冬の日常 ―――アズ・ウィー・ユナイト
冬の日常 ―――クリスマス・イブ
冬の日常 ―――メリー・クリスマス
冬の日常 ―――ウォーキング・ダウン・ザ・ストリート
冬の日常 ―――マッドネス・フェアリーズ


失敗と成功  ―――ファースト・チャンス
失敗と成功  ―――ニュー・イヤー
失敗と成功  ―――ルッキング・フォー・パートナー
失敗と成功  ―――バトリング・ノーバディー
失敗と成功  ―――ラスト・チョイス


証明の証明 ―――ファースト・インプレッション
証明の証明 ―――ランブリング・セオリー
証明の証明 ―――ショート・コンタクト
証明の証明 ―――ヘルパーズ・ハイディング
証明の証明 ―――フォー・マイ・ショウ
証明の証明 ―――フェアリーズ・インセイン
証明の証明 ―――イズ・ジス・ジ・ハッピー・エンディング


重みと意味 ―――オン・ツォート
重みと意味 ―――シャタード・リアリティ
重みと意味 ―――ライフ・イズ・ア・クラップ
重みと意味 ―――アイ・アム・ベリー・セルフィッシュ
重みと意味 ―――ハイ・スピリッツ
重みと意味 ―――ア・ショート・バット・ビューティフル・ライフ


鎮魂 ―――マザーズ・ロザリオ



≪一つの終わりと始まり≫
 究極とは陳腐であり、また終わりも始まりも唐突である。故に物語は予想外のうねりを持って役者を飲み込む。運命さえも知らぬ未知には神でさえ抗う事は出来ず、等しく全てが流される。運命とは常に盲目であり白痴である。与えられるものには全てを与えても、それが答えられるとは限らない。
天狗道 ―――ワールド・ジ・エンド



≪アリシゼーション編≫
 ―――幻想とはなんだ。幻想が現実と変わらぬように存在すればそれを幻想と呼ぶことはできるか? ならば仮想と現実はどうだ。仮想世界が現実と変わらぬ基準で存在すればどうなのだろう? それはまた一つの現実と呼ぶことはできないか? 神による世界の創造。人間の傲慢さはついに新たなステージへと到達する。傲慢。唯我。自己愛。それが連れてゆく人間の行く先とは―――。

プロローグ ―――ドリームイング・センサード
プロローグ ―――ウェイクアップ
プロローグ ―――エンディング・デイズ
プロローグ ―――スタート・ザ・ワールド


辺境 ―――ファースト・タッチ
辺境 ―――アーリー・アンサー
辺境 ―――ルッキング
辺境 ―――ナイト・ナイト
辺境 ―――サダン・ムーヴ


追走 ―――ランニング・アフター
追走 ―――イン・ザ・ダーク
追走 ―――ディープ・ウォーター


渇望 ―――シャタリング・ランブリング
渇望 ―――モンスターズ・ハイ
渇望 ―――アイ・アム・ボーイ
渇望 ―――ロード・ロング・スタート


エピローグ ―――サンセット・タートル

≪Alicization Chapter 2≫
プロローグ ―――スタンド・アローン
プロローグ ―――ミート・ピース・シティ
プロローグ ―――サン・イン・ザ・スカイ


剣と鋼 ―――デイズ
剣と鋼 ―――スクーリング
剣と鋼 ―――プリーチ


夜と黄昏 ―――ムーンレス・ナイト
夜と黄昏 ―――ラン・ラン・ラン


現実 ―――ウェイクアップ・ボーイ
現実 ―――ビハインド・トゥルース
現実 ―――アス・ダーティー・アス・イット・キャン・ビー
現実 ―――ハームフル・リアリティ
現実 ―――デス・アンド・プラン


エピローグ ―――アンド・ソー・ウォット

≪Alicization Chapter 3≫
プロローグ ―――コンテスティング・ソーズ
プロローグ ―――ポイゾニング・ミー・リトル・バイ・リトル
プロローグ ―――ディシジョン
プロローグ ―――ウィナー・アンド・ルーザー


修剣士 ―――スウィート・パイ
修剣士 ―――アラウンド・アス
修剣士 ―――ミー・アンド・マイセルフ
修剣士 ―――アイ・キャント・シー
修剣士 ―――ナイト・アフター・ナイト
修剣士 ―――ウィーピング・レインズ
修剣士 ―――ゴーン・バイ・ナイト


解放 ―――イン・ザ・ダーク













オマケ・番外編


≪IF外伝―――境界線上のホライゾン≫
 これはもしもそのままアインクラッドから脱出せず、境ホラ世界へ流された場合ってIFの話です。
IF外伝 境ホラ1
IF外伝 境ホラ2
IF外伝 境ホラ3
IF外伝 境ホラ4
IF外伝 境ホラ5
IF外伝 境ホラ6
IF外伝 境ホラ7
IF外伝 境ホラ8
IF外伝 境ホラ9
IF外伝 境ホラ10


ホライゾン2巻


IF外伝 境ホラ11
IF外伝 境ホラ12
IF外伝 境ホラ13

≪IF外伝―――DOG DAYS≫
 まさかの無謀な挑戦(笑)。
リクエストがあったのと犬日で面白いSSを見つけたので挑戦しました。
SAOで死んで、記憶だけを持って生まれ変わった先があの異世界だった……と、言う話です。
まぁ、いろいろ無茶はありますが、基本的に本編では味わえないギャグ成分補給用だとおもってくださいな。
DAY1
DAY2
DAY3
DAY4
DAY5
DAY6
DAY7
DAY8
DAY9
DAY10
DAY11
DAY12
DAY13
DAY14
DAY15
DAY16
DAY17
DAY18
DAY19
DAY20
DAY21
DAY22
DAY23
DAY24
DAY25
DAY26
DAY27
DAY28
DAY29 ※R-18注意
DAY30



EXTRA編の目次は此方
スポンサーサイト

| 断頭の剣鬼 | 11:40 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

にじファンの時にも一度読んでいたのでここで見つけてもう一度読んでみたのですが、なんというか文章が気持ち悪いですね。
全体としてはそれなりに面白いのに作品に入り込む直前や、盛り上がりが頂点になる直前、あるいは頂点で狙ったかの様に誤字が目に付くので一気に盛り下がったり現実に引き戻されます。
一箇所に箇所ならともかくほぼすべての箇所でこうなので精神的に疲れるため読むのが辛いです。
作者様の作品はいくつか読んでみたのですが全部がこうなのできっとこれが作風なのだろうと思います。
もう少し文章が下手なら素直に切り捨てるし、もっと誤字が少なければずっと読みやすくなるのにと思うと非常に残念です。

※この文章は始めハーメルンの氏の作品(東方虚刀典/Beschleunigung Merkur)に対して出そうとしてアカウントを持っていないのでこちらに出したこれら全ての作品に対する共通した感想です。

| | 2013/08/07 06:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tenzodogeza.blog.fc2.com/tb.php/51-4120232f

TRACKBACK

おもしろい小説見っけ♪

ソードアート・オンライン ~断頭の剣鬼~ http://tenzodogeza.blog.fc2.com/blog-entry-51.html ≪ソードアート・オンライン≫  ソードアート・オンラインとDies Iraeのクロスになります。基本的にソードアート・オンラインはSAO、ALO、GGO編はWEB版をメインに、アリシゼーション編を文庫版とオリジナル要素多めにしています。Di...

| ただののっき | 2014/05/12 10:46 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。