陳情の先を行く部屋

基本的に二次創作を公開しているブログです。楽しく読んでいただければ幸いです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

EXTRA-2

 目が覚める。

 目が覚めてまず最初に見えるのがいつも通りの世界。保健室。その普通の学園の姿に一瞬安心を覚えるが、その光景の中に少しの異質さが混じるのが理解できる。ただの学園に見えていたはずの世界に、少し機械的な異質さが隠れている。それを見て思い出す。

 聖杯戦争。

 サーヴァント。

 戦い。

 軽いフラッシュバックと共に自分が死にかけた事実、そして同時に自分が頼もしいサーヴァントという存在によって生還できたことを思い出し、

「ずいぶんとまあ、良く寝てたもんだな」

 ベッドから上半身を起き上がらせ足を下ろすと目の前には赤い衣のサーヴァント、セイバーがいた。


「おかげで寝顔を眺める以外する事がなかったぞ」

「ね、寝顔……」

 その発言に恥ずかしさを感じると、ニヤニヤとセイバーが笑みを浮かべているのが解る。今のはセイバーなりの気遣いにからかわれたのだろう。少し調子が狂うのを感じながらも、

「ここは……」

「保健室だ。あのあと相棒が倒れたからな。システムが転送して外傷の破損の類は完全に修復されているはずだぜ」

「修復?」

 治療ではなく、修復。その言葉に違和感を覚えてセイバーに質問するが、セイバーは呆れたような表情を浮かべる。

「おいおい、俺達がセラフにいるって事を覚えていないのか? 電子世界だぞここ」

「電子世界?」

「おいおい、シャレになってないぞ。まさかこれが聖杯戦争だって事を知らないでいるのか?」

 本格的にセイバーが此方を心配しだすのを余所に、思考する。自分の名前は岸波白野。白野。それが私の名前。なのに、何故か、

 それ以外が思い出せない。

「え……?」

「ふぅ……」

 見かねたセイバーが質問してくる。

「聖杯戦争がどういう争いだか知っているか?」

 それは―――知っている?

「えーと……聖杯を求めて戦う?」

 それだけは何となく理解できる。が、そこでセイバーに溜息を吐かれるとなんというか色々と困る。そのまるで駄目な子を見るような視線はやめてほしい。いいか、と前置きを置いて人差し指で額を突かれる。

「聖杯戦争は殺し合いだ。マスターがサーヴァントを使役し、聖杯という万能の願望機を求めて殺し合う戦争なんだよ。これを勝ち抜いたマスターとサーヴァントには願いを叶える権利が存在する。だから俺達サーヴァントは召喚に応じ、そしてマスターはこの電子世界での聖杯戦争に参加する。オーケイ?」

「お、おーけい」

「いまいち不安だなぁ、おい」

 不安なのは仕方がないが、こっちも不安だ。

「何か……記憶がない」

「……マジか。管理側の不備にそんな事はありえないだろうし、予選終了で確か返却されるはずだろ……? いや、これは後で管理NPCにでも話を聞けばいいか。ともあれ」

 セイバーが言葉を区切り、

「俺達サーヴァントは過去に存在した英雄だ―――そしてその中でもセイバーは最優のサーヴァントと呼ばれる存在だ。それにはまぁ、色々と理由があるが今はその話を置いて、もっと安全に話せる場所で俺に関しては話そう。誇れ、お前はこの状況で一番いい手札を引き寄せたんだ。その運に感謝するんだ。まだまだ戦友とも呼べないヒヨッコだが……まぁ、それも勝ち進めば何とかなるだろ。お前を自信を持ってカメラードと呼べる日を楽しみにしている。だからそれまでは相棒と呼ばせてもらうぞ」

「うん。よろしくセイバー。私も、まだよく解らないけど……勝たなくちゃいけないと思うから」

 手を前にだし、セイバーと握手を交わす。意外と童顔というか、若い顔立ちのセイバーの外見に似合わず手の平はマメが何度もつぶれたかの様に硬く感じた。やっぱりこの、目の前の存在は人知を超えた存在で、そして過去に何らかの偉業をなした人物なのだ。若そうで、それでいてここまでフランクなのは多少予想外だったが。

 そこで、あ、と声を漏らしてセイバーへと向く。

「セイバーの真名はいいとして―――」

 何故か知らぬうちに真名の事を知っていた。思い出したのだろうか。だがそれを今は疑わず、

「聖杯に願いをかけるって、セイバーは何を願うの?」

 握手し、繋いでいる逆の手で軽く頬を書き、そのまま体を引っ張り上げられ、

「また、逢いたい女がいるんだ―――」

 それだけを告げてセイバーの姿が消える。

 ここから先は頑張れ、という意味だろうか。ともかくまずはこの記憶喪失状態に関して調べた方がいいのだろう……。




情報マトリクス1クラスの情報開示は次回。
ステータスも基本部分はその時に
スポンサーサイト

| 短編 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>>俺達サーヴァントは娼館に応じ
何時から聖杯戦争は枕稼業にジョブチェンジしたんだ・・・
玲愛さんが通い詰めてサイアスさんが赤玉出して死ぬ前に修正はよ

| おk | 2012/09/11 22:48 | URL |

志保なのか白野なのかどっちなのか

| 読者 | 2012/09/12 07:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tenzodogeza.blog.fc2.com/tb.php/167-85a0c23e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。