陳情の先を行く部屋

基本的に二次創作を公開しているブログです。楽しく読んでいただければ幸いです。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エピローグ ―――サンセット・タートル

推奨BGMDisce libens


 目が覚める。

 いや、意識は半分だが既に前から覚醒していた。たった今の時刻を持って完全に意識を覚醒させただけだ。だから目が覚める、という表現は少々おかしいかもしれない。だが体に感じる眠りから得ただるさは確実に時運の体が休止状態に入っていた事を示している。この重さを愛おしいと感じる。なぜなら、超人、魔人、神の類の超越者はこの感覚を感じれないのだから。この美酒でも味わえぬ甘美な味わいを放棄してしまっている。だからこそ、自分はこれを愛おしいと感じる。そして手放す事に躊躇を覚えている。非常に珍しい話だ。珍しい話だが―――。

「同時に寂しくも感じる」

 もう、あの頃の喧騒はない。こうやって眠っていたとしても時間になれば自分を起こしに来てくれる副官がいた。悪ぶりながらも世話を焼くアルビノがいた。何時も賑やかに雰囲気を盛り上げてくれる部下がいた。人よりも劣っている事認め、だからこそ自分にしかできない事を極めた人がいた。自分は確実に部下に恵まれていた。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 断頭の剣鬼 | 01:26 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NW インドリプレイその1

 タイトル通り、身内でインドシナリオのキャンペシナリオやってます。一番わかりやすくてデータの組みやすいラーマヤーナでシナリオを作りました。最近出番が多いような気もしますけどアレです。マイブームです。

 とりあえず、参加者は
暇人様
ヨヌフ様
傷有離様
九条様
の四人。

 そんなわけで、

≫ Read More

| リプレイ | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

( ゚д゚)アポ……?

 大学のウェブデザインの中間テストで時間内にウェブページを作れというテスト。

 ラスト三分でデータとんだ。

 な、何を言ってるか(ry

| 雑記 | 09:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渇望 ―――ロード・ロング・スタート

推奨BGM:Bottomless Pit


「一番、キリト行くぜ―――!」

 キリトの手に握られているのは龍骨の斧ではない。青薔薇の剣だ。ユージオとキリトが言うには、昔、あの果ての山脈の洞窟で見つけたものだそうで、キリトがこの世界にいない間に数日かけて引っ張ってきたものらしい。前これを握った時はキリトは持ち上げるだけで限界だったらしい。そして今はちゃんと、片手で持ち上げる事が出来ている。それはもちろん、心意による強化無しで。純粋な身体能力が上昇しているのだ。

 ゲーム的視点から見れば間違いなくレベルアップだろう。ウガチという超強敵を倒したことによって、俺とキリト、ユージオ、そしてセルカを成長させたのだ。ステイシスの窓だったか、ステータスウィンドウを確認したところ、最大ライフとシステム権限らしき数値が上昇していた。おそらく、これがレベル的概念なんだろう。

 ともあれ、それが上昇したキリトは青薔薇の剣を片手で持ち上げる事に成功している。それを両手もちに変え、まるで野球のバットを握るかのように構えている。先ほど吐いた言葉からもやる事は目に見えている。片足を持ち上げて、バランスをとって、前に踏み出しながら―――フルスイング。精確な一撃が数千の間刻まれ続けた小さな切れ込みに命中した。

≫ Read More

| 断頭の剣鬼 | 13:03 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

┏(┏ ∴)┓インド、我が故郷

 ┏(┏ ∴)ノ

 最近自分の中で波旬AAが可愛くて仕方がない。何故だろう。あ、そうか!

 現在ハーメルンで連載中の東方虚刀典:Remakeの零花さんの設定を煮詰めれば煮詰める程マーラ化するせいなのか!?

 とかさりげなく宣伝する。リメイクとか銘打ってるけど完全に気分転換のおもちゃだからなぁ……。

 ハイパーインド大戦したい……。

 あ、断頭に関するお話は続きから。

≫ Read More

| 雑記 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シローさんの宣戦布告

 タバコを口に咥えながら街の中を早足で歩く。歩きたばこは一部地域では犯罪となっているが、ここ冬木ではそうではない。まあ、人の健康を気遣う迷惑な法律だが、辺境にまでそういうのはえてして届くものではない。誰もいない道をゆっくりと自分のペースで歩く。タバコから立ち上る白い煙が動きに合わせて後ろへと流れてゆくが、冬木の冬は寒い。そんなものがなくとも、口を開けば白い吐息は漏れだす。冬は嫌いでもあり、好きだ。厚着をしなきゃいけないのは面倒だ。だが、冬にしか食えないものを食えるのは冬のいい所でもある。だから好きであり、嫌いだ。

 まあ、所詮戯言だ。

「ハッ」

 タバコの煙と一緒に白い吐息が漏れる。口の中に甘くも冷たい冬の空気が侵入し、タバコの煙と共に肺を満たす。その感覚を受け入れながらも色んな意味で寒い冬木の街を歩く。これだけ寒ければ次に雨が降るときには雪に変わっていてもおかしくはない。

 が、ま、正直どうでもいい話だ。

≫ Read More

| 短編 | 01:01 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの人にあの人をぶちこんでみた

 名前繋がりという非常にくだらない繋がりですけど、そんなわけでポツっと誰かが零したネタを即興で書いてみました。プロット練ってないので色々とアレな部分はありますが、リハビリ用なのであしからず。

≫ Read More

| 短編 | 20:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CMという名の宣伝と胃クラッシャー

 NWのシナリオ用のCMが出たのでGMの期待値と胃を破壊するために突貫で作ってみたった!

≫ Read More

| 雑記 | 14:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。